経費削減WEB
 
人件費削減
 

経費削減について


  経費削減は手段であり目的ではない

経費の削減はそれ自体が目的なのではなく、手段の1つに過ぎません。
本来の目的は会社の財務状況の改善にあるのです。このことを理解していないと、目先の経費は削減できたとしても、財務状況の好転はあり得ません。

  経費削減の心構え

「経費削減」を掲げている多くの会社は、社員全員の考えからそれを掲げているのではなく、上意下達の社命として掲げているのだと思います。そのため社員は「無理矢理付き合わされている」ということへの不満を感じていることが多いのではないでしょうか。
何事もそうですが、いやいや実行したことが上手くいくことはありません。
ただ、経費を削減するということ自体が“社員の不満の素”なのではありません。無駄があるのならそれを改善し、節約する。それを社員に強制しても意味がない、というだけです。 経費削減を成功させるためには以下の2つのポイントに留意しましょう。

・経費削減は目的なのではなく手段であるということを理解し、財務状況の改善に努める 。
・社員全員が経費削減に真剣に取り組めるような環境を作る。

エアコンのちしき

エアコンの汚れは電気料金の大きなムダです。
エアコンの状態次第で、年間の電気料金が変わります。

年間の電気代。特に客商売をされているお店などでは、大きな経費の負担となっていますが、その電気料金経費を削減するのに、エアコンの定期的な管理・メンテナンスが大変重要になります。

一般的に電気代削減のために省エネ機器類を設置するのは、電圧降下等の原因にもりなかねず、なかなか設置に二の足を踏むのが現状です。

こういった機器類での削減も、もちろん可能なのですが、下調べ等確実にしておく必要があります。

元々、容量不足気味の設備に、省電力機器を取り付けてしまえば、何かの拍子に電気がダウンしてしまうという事態にもなりかねませんし、もしそうなってしまった場合その対応にも大変苦慮します。

それでは、なぜエアコンを洗浄・クリーニングするなどの、定期的なメンテナンスをすることが電気代の削減に大きな効果をもたらすのでしょう?

一つは、スーパーやホテル、レストラン、ゲームセンター、パチンコ店など、比較的電気代を多く使われる施設に向けた電力契約をしている所では、一年間の電気料金の基本料を、『年間で1番に使った時の電気量をもとに、基本料金単価を決定している。』ので、このことで与える電気料金への影響は相当なものになります。

そして、この年間最大の電力消費の要因になるものがを、エアコンなどの空調機器なのです。

おすすめWEBサイト

復縁したい
http://hukuen-ranking.com/

最終更新日:2016/1/22


Copyright (C) 2008 経費削減WEB. All Rights Reserved.